HOME > ~開発現場から学ぶ~_概要
「~開発現場から学ぶ~」について


 「~開発現場から学ぶ~」は、プログラミング言語を中心に学べる学習ソフトです。
 下記のような体験を元に、現場の第一線で活躍するベテランプログラマが作成した、必要な技術を詰め込んだ教材を自宅で学ぶことができます。
 現在、以下の言語を学ぶことができます。
 ■C言語
  ・入門C言語

 ■Java
  ・入門Java




 プログラマを目指す方々へ~開発者の体験談~
 私自身、学生時代にプログラミング言語の勉強をしていました。
 学校ではそれなりの成績を収めていたので、就職し、開発現場に所属したときは自信満々でした。
 上司から「新人なのに、こんなに出来るのか!」といったお褒めの言葉を頂くつもりでした。
 しかし、、、実際の開発現場に所属すると「?」の連続で、自分の力不足を痛感しました。
 もちろん、上司には褒められるどころか、怒られっぱなしです。
 結局、私は学生時代に「なんとなく動いてるプログラム」を作れるようになっていただけで
 「美しく」「バグの少ない」プログラムを作る技術はなかったのです。

 開発現場では、1つのソフトウェア開発プロジェクトを複数人(大きいプロジェクトであれば数百人)で行うことがほとんどです。
 自分の作ったプログラムのバグが原因でプロジェクトを停滞させてしまうことがあります。
 緊急事態ですので、自分が作ったプログラムを他人も見てデバッグを始めます。
 そんなとき、「美しくない」他人では理解できないプログラムの場合、プログラミング技術が疑われてしまいます。
 1度疑われると、仕事を任せてもらえなくなっていきます。

 当然ですよね。自分しか理解できないプログラムしか作れない人に仕事はお願いされません。
 プログラムには不具合の対応はもちろんですが、バージョンアップ等によるメンテナンスが不可欠です。
 いつまでもそのプログラムのメンテナンスを続けることはできません。
 もっと言うと、自分がいなくなってしまうと、そのプログラムは誰も理解できなくなってしまうのです。
 だからこそ、「美しい」他人が理解し易いプログラムを作る必要があるのです。
 「美しい」プログラムにはバグが混入しにくいものです。それは整理された「美しさ」があるからです。
 お客様にとって、どんなプログラムが理想的であるかは、ご理解頂けると思います。

 あなたが、プログラミング技術を学び、理解し、実践し、開発現場で楽しく仕事ができれば嬉しいです。